更年期の知恵袋

更年期の頭痛。その原因と対策について解説

更新日:

更年期にさしかかると、頭痛の症状が現れることがあります。こめかみ付近に脈拍を打つようなズキっとした痛みを感じる片頭痛(偏頭痛)、頭を締め付けられているような緊張型頭痛、目の奥から鋭い痛みを感じる群発性頭痛など、頭痛にはさまざまな種類がありますが、更年期で引き起こされるのは片頭痛や緊張型頭痛です。頭痛がすると何も手につかなくなるほどつらいくなりますし、原因を知ったうえでしっかり対策をしておきたいものです。

 

更年期に頭痛が酷くなる原因

女性が更年期を迎えると、卵巣の機能が低下して女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が減少します。エストロゲンが減少すると精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質、セロトニンの機能も低下します。通常セロトニンは大脳辺縁系の活動を安定させネガティブな気持ちを払しょくしたり、大脳皮質に痛みを伝達する痛覚伝導路を抑制して痛みを緩和するなどの働きを持ちます。これと逆でセロトニンが不足すると、ストレスの影響を受けやすくなったり痛みを感じやすくなってしまいます。

実は片頭痛は頭部にある血管が拡張して炎症を起こしている状態なのですが、セロトニンが不足するとその反動で血管は異常な拡張を起こします。これが片頭痛の発作につながるのです。また、更年期ではホルモンバランスの乱れから自律神経も乱れてしまいます。その結果、ストレスを上手く解消できず緊張型頭痛が起こってしまうこともあります。こういった原因で更年期には片頭痛や緊張型頭痛が起こってしまうのですが、生物としての構造上、自然な現象なのである意味仕方のないことです。更年期をすぎれば解消されることがほとんどです。ですが頭痛から吐き気やめまいを起こしたり、体力が低下するなど他の症状を併発する恐れもあるので、対策は必要です。

 

薬は頭痛を悪化させる可能性も

鎮痛剤を摂取すると頭痛を素早く解消することができます。ですが鎮痛剤を多用していると、痛みの閾値(痛みを我慢できる限度)がどんどん低くなってしまい、本来の自分であれば痛みを感じなかった程度の痛みも、薬を飲まないと耐え切れないようになってしまいます。鎮痛剤で痛みを抑え、痛みを抑えたことで痛みの閾値が下がると言う悪循環です。一時的に服用する分には問題がないのですが、継続的に薬を飲み続けているとドーパミンが過剰に分泌され、痛覚神経などに悪影響をおよぼす可能性もあります。薬物乱用頭痛といった別の頭痛を引き起こしてしまうかもしれません。できるだけ薬には頼らないことをおすすめします。

 

更年期の頭痛を和らげる方法

そんな更年期の頭痛を薬に頼らず和らげるためには、「キッコーマン 基本のサプリ」というサプリメントの摂取をおすすめします。これは医薬品ではないので、鎮痛剤のように飲んですぐに痛みを解消するといったものではありません。体の中から更年期障害を改善するものです。

基本のサプリにはサポニン、鉄分、亜鉛、カリウム、カルシウム、ビタミンといった女性の健康に必要な成分がたっぷり配合されています。これらの効果で、ホルモンバランスを整えたり巡りを良くしてくれたりするのです。

頭痛がするから飲む、というものではなく、日常的に飲んで体の調子を整えるものなので、普段から摂取しておくと安心です。頭痛が起こりにくい体質になれるはずです。

 

<<リンク>>

 

◆まとめ

更年期には頭痛の症状が現れがちです。ひどい頭痛があると、日常生活に支障がでます。ですが薬によって痛みを抑えていると、余計に頭痛がひどくなることがあります。そんなときはサプリメントで、体の内側からホルモンのバランスを整えると良いでしょう。

-更年期の知恵袋

Copyright© キッコーマン基本のサプリの口コミ|更年期をシンプルに解決 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.