更年期の知恵袋

更年期に眠い理由と正しい改善方法

投稿日:

更年期に眠い理由は?仕方がない?

更年期に突入した女性は、「睡眠時間はしっかりと確保しているのに何だか眠い」といった状態に陥りやすくなります。

午前中やお昼など、仕事の最中にあまりにも眠気が酷くなるのはとても大変ですよね。

更年期に眠い状態になりやすいのは、他の更年期障害の症状による影響が考えられます。

以下では、なぜ更年期になると眠気が酷くなるのか理由をまとめてみました。

①更年期障害は女性ホルモンのバランスの乱れで肉体的にも精神的にも様々な不調が出る
②中でもホットフラッシュやのぼせ、発汗といった症状で悩まされる女性が多い
③就寝前や就寝中にこれらの状態が続くとイライラが募って興奮しやすくなる
④十分にリラックスできなくなって寝付きが悪くなる
⑤結果的に睡眠不足に陥って日中に強い眠気を感じるようになる

私たちがリラックスして眠るためには、自律神経の副交感神経を優位な状態にさせないといけません。

しかし、更年期障害を患っている女性はのぼせや発汗による症状で起きている時の交感神経が優位な状態となりやすく、中々寝付けない入眠障害や睡眠の質が悪化する熟睡障害といった不眠の症状が出やすくなります。

更年期に眠い時の正しい改善方法をチェック!

更年期に寝ても眠い状態が続く女性は、自律神経のバランスを整える対策を行ってみましょう。

自律神経は私たちの意思とは関係なく働く神経で、次の2つが上手くバランスを取っています。

・心身を緊張させて興奮した状態に導く「交感神経」
・心身をリラックスさせて鎮静状態に導く「副交感神経」

更年期はこの自律神経のバランスが崩れやすくなっているため、上手く整えてあげるのが更年期の眠気の効果的な改善方法ですよ。

サプリメントの高麗美人には、暴走した自律神経の交感神経を抑えるサポニンと呼ばれる成分がたっぷりと入っています。

イライラや不眠など更年期で悩まされやすいトラブルを和らげてくれますので、ぜひ一度「キッコーマン 基本のサプリ」を飲んでみてください。

睡眠の質を少しでも高めるには?

更年期の眠気で悩まされている女性は、以下のように睡眠の質を少しでも高める工夫をすべきです。

・寝る前にリラックス効果の高いホットミルクを飲む(コーヒーなどのカフェイン飲料は避ける)
・自分の体型に合う枕や掛布団などの寝具を使用する
・温度や湿度など快適に眠れる睡眠環境を作る

良質な睡眠がとれるように努力していれば、日中の眠気は解消されます。

私たちが生きていくに当たって睡眠は欠かせないので、今一度自分の生活を見直してみてはどうでしょうか。

-更年期の知恵袋

Copyright© キッコーマン基本のサプリの口コミ|更年期をシンプルに解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.